So-net無料ブログ作成

ビール、泡だらけだったなあ。 [It's a Jazz]

6/4土曜日、私は大阪のイベントに行きました。

一人で。

何か?(笑)

イベントの詳しくはリンク先読んでみてください←不親切(笑)

[ビール]ベルギービールウィークエンド

きっかけはBORN CRAIN好きベルギー出身ベルギーの情報をウォッチ今回のイベント情報入手
の構図です(笑)


ベルギービールの話題は鮮やかにスルーしまして(笑)。


イベントに行ったのは、ビールが飲みたかったのももちろんですが、
イベントのホームページを見ていると、夜にJazzライブがあるのを知りました。
どんな感じの音楽する人かとネット上でいろいろ調べて試聴などしてみると、
これはいいかも![ひらめき]と直感。
観覧無料[無料]とのことで、これはぜひ聴いてみたい!と
夜の時間に合わせて行きました。






jefneve.JPG
Jef Neve Trio
Jef Neve(ジェフ・ニーヴ)は、77年ベルギー生まれの、千里さんと同じピアノ奏者で、
大学でジャズとクラシックの2つの部門のピアノをしっかりと学ばれた方のようです。
なるほど、実際の曲を聴くと、ベーシックがクラシック色が強いことがよくわかります。
映画のサントラを作ったり、バッハのゴールドベルク変奏曲に取り組んだりと、
バラエティにとんだ才能をお持ちのようです。詳しくは、こちらのページを見ていただくとして、
彼の曲は、いい意味で既存のJazz(眉をひそめて聴くような曲)の感じではなく、キャッチーな部分のある曲もあり、
聴きやすい曲が多いのではないかと思います。Jazzの曲って、時々難解なメロディーが延々続いたり、
気持ち悪いコード進行が続くようなのも多いけど、彼の曲は相対的にある種のわかりやすさがあるものが多く、
私は気に入りました。2008年に初来日するも、どうやら日本のレコード会社とはまだ未契約?お顔もけっこー
イケメてると思うので(笑)、日本本格参入もアリでは?と思います。
(今回のイベントでも親衛隊のような人がいました)




で、せっかくのチャンスなので、
ステージ前まで行って、地べたに座ってガッツリ応援して鑑賞しました[わーい(嬉しい顔)][手(チョキ)]



Trioということで、

sDSC00066.JPG
Jef(p)くんと、


sDSC00064.JPG
今回新メンバーだというRuben(b)と、


sDSC00065.JPG
Teun(ds)くん。←読み:テューン


みなさん結構イケメてるでしょ?(笑)



[映画]今回ちょっと動画撮ってみました>見づらいですけど[あせあせ(飛び散る汗)]



「Sofia」(たぶん。)[たらーっ(汗)]間違ってたら教えて





「For the people」 この曲は主題がキャッチー♪ 耳について離れない(^^)v


彼(Jef)の演奏姿で気になったのが、演奏しながらずっと弾く音を口ずさんでる♪
日本語で言う「たらりら~りら~」みたいな感じ(笑)
もう、全部で演奏したいって感じなのかなあ[るんるん]

当日は、ものすごい強風[台風]が吹き荒れ、近くにあったお店のチキンを焼いている煙が
うぉ~[霧]とステージに吹き込んでくるコンディション。
超強風のせいで、楽譜はみんな、譜面台に洗濯ばさみ(大)を10箇所くらい挟んで固定するわ、
一度、(b)のRubenの譜面台がカーンと倒れてしまったり…

(彼は舞台袖のスタッフに『大丈夫だから立てに来なくていいよ』のジェスチャーを弾きながらしていましたが、
日本人スタッフが高速でやってきて、立て直し、飛んだ楽譜も拾って台に挟んでいました)

パフォーマンス、本当にすばらしかった!
sDSC00067.JPG



演奏後、CD買ってサインしてもらいました。
(でも日付も私の名前も入っていないので価値低いかな~8->)
つたない英語で「今日初めてあなたの音楽を聞いて、大好きになった」と伝え、
一緒に写真も撮りました。

<写真不掲載(笑)>




その、2010年9月にリリースされた最新アルバム『IMAGINARY ROAD』

Jef Neve Trio-Imaginary Road

Jef Neve Trio-Imaginary Road

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Pid
  • 発売日: 2010/10/26
  • メディア: CD




このアルバムに収録されている曲は全てJefくんやメンバーと共作したオリジナルだそうです。

昨日買ったところで、ちゃんと聴けていませんが、
↑の動画のM-3やM-8はもちろんのこと、M-9なんかのすごーく落ち着いた感じもいいですし、
M-11なんかは、こんなこというと両方に失礼ですが、なんだか千里さんぽいな、なんて感じました。


アルバムはmoraなどでも試聴して買えますが、moraではなぜか、「For the people」なんかは
アルバムごと買わないとダメみたいで…。
i-Tunesは私使ってないのでわかりません[あせあせ(飛び散る汗)]
また、輸入盤なのか、Amazonではえらい値が付いていましたが、
私が見たTOWER RECORD実店舗では1,890円で売られてました。

このアルバムの、
ネット上の評価をいろいろ見た中で印象的だったのが、ベルギーなどのフランダース地方出身のミュージシャンは
「翳りを内包しながらも知的な薫りを放つ美意識」を持っていると評している人がいて、うん、そうかも
(たった2組ちょっと聞いたくらいで^^;)なんて妙に納得したりしました(笑)


翌日日曜日は、急遽決まったという(千里さんもLiveやった)芦屋の「Left Alone」でパフォーマンスされたはず。
今週東京のコットンクラブでミュージック・チャージFreeのイベントがあるみたいなので、興味持った方はぜひ。




Jefくんの、ベスト姿見て、、誰かに似てると思ったら…
Paul Pottsさんだ…あ、あくまでイメージだけです^^;











はみだしメモ[ペン]
ベルギービールで変わってるー[目]って思ったのが、もはや見た目も味もビールじゃない
リーフマン・オン・ザ・ロックっていうビール。
ビールなのに氷は入れるし味はラズベリー系の甘いし[黒ハート]  カクテル[バー]だったね、あれは。

ビール3杯にフード2食で膨満感になるも(朝昼食いすぎたこともあり)、酒酔うことは
決してなかったけけろんさんでした(笑)



チャンチャン[わーい(嬉しい顔)]
nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 13

コメント 0

トラックバック 1